• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例70代女性

インプラント症例70代女性

インプラント症例70代女性

上記写真をご覧ください。

全体的な治療をご希望で来院された70代女性の口腔内写真です。慣れないということで長期間入れ歯を装着されておられませんでした。奥歯で噛めないので前歯を使っての食事を強いられていたため、前歯のダメージが深刻で、上下とも前歯がかなりグラグラして出っ歯の状態になっておられました。

なお写真掲載にあたり、患者様には同意を頂いております(^O^)

 

インプラント症例70代女性

上記は初診時における患者様のレントゲン写真です。

歯周病が全体的に広がっており、どの歯も歯槽骨(歯を支える骨)の吸収が著しく、初診時の段階では正確な治療計画が立てられない状態でした(汗)

また入れ歯を長期間装着されていませんでしたので右下の奥歯が伸びてきているのが確認できると思います。

  • インプラント症例70代女性
  • インプラント症例70代女性

左上が上顎を下から見た口腔内で、右上が下顎を上から見た口腔内写真です。右下の奥から2番目の歯がかなり伸びているのが観察されます。

患者様には『歯周病が重症で歯周病治療が不可欠であり、上下とも仮歯に置き換えて審美性および噛み合わせを確保した後、治療計画を立案します。また可能な限り抜く歯を少なくするよう努めるが、予想以上に抜歯が必要になる可能性があります。また年単位の治療期間が必要です』とお伝えしたところ、快く御了承いただきましたので治療を開始いたしました。

当初は保険の冠(被せもの)と上下の大きな入れ歯による治療計画を立案させていただいていたのですが、入れ歯は回避したいとのことでインプラントによる治療計画を立案させていただきました。

  • インプラント症例70代女性
  • インプラント症例70代女性

左上が全ての治療を終了した後のレントゲン写真です。青色矢印の部分がインプラントを埋入した部位で、上顎に7本、下顎に5本のインプラントを埋入させていただきました。

右上が治療終了後の上顎を下から見た口腔内写真です。左上のレントゲン写真同様、青色矢印の部分がインプラントを埋入している部分です。

インプラント症例70代女性

左が治療終了後の下顎を上から見た口腔内写真です。上記2つの写真同様に青色矢印の部分がインプラントを埋入した部位です。

黄色矢印の歯をご覧ください。全体的な治療が必要不可欠であったにも関わらず、この3本の歯は神経を抜くことも被せにすることもなく、全く削らずに咬合再建を完成させることが出来ました。

この患者様のように、咬合平面(噛み合わせの面)が乱れてしまっているために全顎的な治療が必要なわけですが、歯を削らずに治療を終えるには高度な技術が求められます。

みらい歯科・矯正歯科クリニックでは、矯正症例や咬合再建症例におきましても、出来るだけ歯を抜いたり歯を削ったりせずに、治療が完結するよう最大限の努力をしております。

歯は削れば削るほど悪くなるのは周知の事実ですからね(^O^)/

インプラント症例70代女性

右が治療終了後の口腔内を前方から見た写真です。

この患者様は複数の歯を歯周病により喪失されましたので、歯槽骨(歯を支える骨)がやせてしまっていましたので、どうしても冠(被せ物)の長さが通常よりも長くなってしまいました。

この現象は、重度の歯周病で歯を失われた患者様全般に言えることであって、この患者様が特別なわけではありません。

冠(被せ物)の長さが長くなれば、冠と歯茎の隙間に歯ブラシの毛先を当てるのが難しくなりますので、冠のマージン(被せ物と歯茎の境界線)を歯茎より上に設定してありますが、幸いこの患者様は笑った時にほとんど歯茎が見えませんので、セルフケア(ご自身での口腔内清掃)が簡単になるようにさせていただきました(^O^)/

磨きにくい冠にすると、プラーク(歯垢)が蓄積し、歯茎が腫れて歯周病に罹患してしまう可能性が高くなりますので、注意が必要です。

なお冠(被せ物)の色なんですが、少々暗い色合いになっておりますが、実際の冠の色は上記の写真よりかなり明るい色合いであり、患者様も仕上がりに大変満足されていることを付け加えさせていただきます(^^♪

今後はご自宅での口腔清掃(セルフケア)と3か月に一度の歯科検診(プロフェッショナルケア)の両輪で、お口の健康を守っていく必要があります。

『噛めるようになったから終わり』ではなくて、今の良い状態を維持しなければなりませんから『ようやくスタートラインに立った』とお考えいただくことが大事です(予防歯科)。

御存じのように歯科治療は麻酔が切れた後に痛みや腫れを伴うことがありますし、お口全体の治療が必要なケースでは、上下顎で仮歯を装着しての治療期間が長くなることも多いです。

仮歯は外れやすい、壊れやすいなど患者様にとってあまり気持ちの良いものではありません。

要するに患者様の御協力と御理解なしに歯科治療は成立しないということなんですね。

この患者様の治療における御協力、御理解、忍耐力には頭が下がりますとともに、みらい歯科・矯正歯科クリニックにここまでの治療をさせていただいたことに心より感謝いたします。


なお治療期間は24か月、治療回数は72回、治療費はインプラント12本分の手術代(GBR,ソケットリフト、外科用ステント代含む)と天然歯のセラミック冠を含めて6069600円(税込)でした。

みらい歯科・矯正歯科クリニックには三木市だけでなく、神戸市西区・神戸市北区・明石市・小野市・加東市・加西市など遠方からも来院されておりますので、お気軽にご相談いただけると幸いです。