• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

小児矯正<子供さんの矯正>症例2その1

小児矯正<子供さんの矯正>症例2その1

  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例2その1
  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例2その1

小児矯正〈子供さんの矯正〉の症例を紹介させていただきます。

なお写真掲載については、ご本人はもちろん保護者の方にも同意していただいております。

2017年の2月に8歳の女の子が、歯並びが気になるということで、お母さんと一緒に矯正相談で来院されました。左上が正面から見た写真で、右上が下から見上げた写真です。下顎前歯(青色の矢印の歯)がかなり内側に引っ込み、上顎前歯(白色の矢印)が八の字に生えている状態でした。

  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例2その1

上記写真が下顎を上から見たものです。下顎前歯<青色矢印の歯>がかなり内側に生えているのが分かります。

みらい歯科クリニックに来院される前に自宅近くの歯科医院を受診したところ『治療困難で大人になってから矯正しても綺麗に並ばないかもしれない』と言われたそうで、お母さんがかなり焦っておられました。

そこで。。。。

7歳~8歳という矯正を開始する最適齢期であるので決して治療困難ではないこと

②7歳~8歳の適齢期に矯正を始められた場合、将来,ブラケット<ボタン>装着を伴う抜歯矯正を回避できる可能性が高いこと

③筋機能矯正装置〈マイオブレイス・K1・プレオルソ〉という取り外し式の装置を使用し、毎日就寝時と日中1~2時間必ず装着していただくこと         

あいうべ体操やガムを使った舌トレーニングといった自宅で行う口腔筋機能療法(MFT)を積極的に行っていただく必要があること

上記の内容をしっかり説明させていただき、御理解をいただいたので矯正治療を開始させていただきました。

なお口腔筋機能療法(MFT)とは舌・口唇・顔面の筋肉といった、お口の周りの筋肉を強くすることにより、バランスよく機能させるためのトレーニングのことです。

この8歳の女児は自分でも今の歯並びに対して非常に不満を持っておられ、お母さんと同様に積極的に治療に協力していただくことが出来ました。

次回は6か月後の写真を紹介させていただく予定ですが、とても積極的に治療に取り組んでいただいたので、たった6か月ですが劇的に改善しております。

続きをご覧になりたい方は以下をクリック

http://www.miraidc.com/blog/post-75/